産後ウツと睡眠時間

産後ウツと睡眠時間

産後ウツに気付かず症状が進むと、健全な心理状況に復活させることは困難になってきます。
産後ウツは予告なしに重症化するのではなく、些細なことから変わっていくのです。
不眠、食欲不振、慢性疲労などの状況がある母親はいませんか。

 

睡眠不足や食欲不振などは産後ウツに限らず頻繁に見かけるケースですが、そうしたちょっとした変化に気付くことがポイントです。
外見を気にしなくなる人がいたり、人一倍、他人のことばかり意識する人もいます。
例えば、小さくてかわいいねと声をかけられても素直に喜べず、我が子は他の子に比べて小柄だと悩みを抱えるケースも多くあります。

 

赤ちゃんの育ち具合に関して、異常に干渉することが産後ウツの症状です。
泣くことの多い赤ちゃんの声が極度の不安を引き起こすという人もいますし、与えるミルクの量や時間に関して固執してしまう人もいるのです。
そして、体に大きな症状が表れる人もいます。

 

下痢や便秘、胃の痛みや脱毛の症状も多く、それがウツだとは知らない状態で症状を軽減させる薬を飲み続けている人もいます。
それぞれは深刻な病気には思えないため、自分や家族も気付かないことが多いようです。
でも、どの症状も産後ウツに当てはめることもできるので、意識して周辺の人も気にするようにしておくことです。

 

産後ウツを疑う恐れがあったら、早めに心療内科などのカウンセリングを受けたほうがいいかもしれません。
自分の考えに固執していることがほとんどなので、カウンセリングしてもらい精神状態をリラックス出来る方向に持っていきましょう。