産後ウツと性格

産後ウツと性格

産後ウツに陥りやすい性格には完全主義の性格があるでしょう。
頑張り過ぎてしまう人、ひとりで解決しようと実直に挑んでいく性分の人が意外とウツに陥ることが多いのです。

 

出産を経験すると、母親という重責を担うことになります。
初めてママになり分からないことだらけで右往左往しているのに、妻としての仕事や女性としてしっかりこなそうと頑張りすぎて、精神的に疲労してしまうのです。
産後ウツにかかる率が高い人は、完璧にこなせない自分に原因があるといったパターンが多いようです。

 

自分がしっかりしていなかったからできなかったのだと、自身に責任を問い続けているとされています。
周囲に手助けしてくれる人が存在していても、助けを求めるという発想はないようです。
産後は、それまでできていたことでも困難になることもよくあります。
その原因はママのせいではなく、ママとしての業務が加わったためなのです。
赤ちゃんのための期間は並み大抵ではありません。

 

家の事ができなくなるのは当然のことなのに、そのことに考えが行かず限界以上に努力してしまうことが産後ウツを引き起こす原因だと言われています。
母親の思いのままに赤ちゃんが動いてくれないというのを落ち着いて考えれば理解するのに、できないことを責めて自分に厳しくしてしまうのです。

 

睡眠時間が自由にとれないことも、産後ウツを生じさせる理由の一つとなります。
睡眠時間が足りないままだと、考えが働かず、正しい判断は出せない状態になります。
周囲からの協力体制を整えて、産後ウツにならないように気をつけましょう。