産後ウツとサポート

産後ウツとサポート

産後ウツに苦しむママは子育ては自分に多く課せられた使命だと強く意識しています。
パパもいるのにもかかわらず、自分だけが頑張る必要があるとまるで、本人だけが取り残されたような気持ちになっています。

 

赤ちゃんが誕生しても、パパは前と同じような生活を続けることができますが、ママの生活は一変しています。
会社から戻ると、夕ご飯がすぐ食べられるのが当たり前だと思っていませんか。
お風呂も焚かれていて、部屋の掃除も済んでいるのが当然のことと思い込んでいませんか。
誕生したばかりの赤ちゃんは眠っている時間が長いので、家事ができて当然だと言う考え方ではママはウンザリしてしまいます。

 

産後ウツを防ぐためには、パパのサポートが一番必要なのです。
パパも仕事で疲れが溜まっているでしょうが、ママも同じくらい疲れています。
子育てに取り組んだばかりのママは、気を張り詰めた状態で動いています。
ミルクの量や温め方は正しいのだろうか、お風呂に上手に入れられているのだろうか、我が子の機嫌はどうだろうかなど、ずっと不安に苛まれているものです

赤ちゃんが眠ったときを見計らって、その時間に家事をしっかり行おうというつもりでも限界があります。
赤ちゃんがぐっすり眠っているようでも、ちょっと咳やくしゃみが出ただけで不安が募ります。
出産したばかりのママは、少しのことで神経質になるものだと解釈して、旦那さんが出来ることがあれば、ママの仕事を代わってあげましょう。

 

何を分担しようかと相談しなくても、お父さんがやれることはかなりあります。
食後の食器を洗ったり、部屋を片付けたりと、仕事が休みの日にはママの代わりをバトンタッチしてあげても喜ばれます。
産後ウツでないとしても、頑張っている人に頑張ってと声をかけることはさらにプレッシャーを与えることになるので、気をつけるようにしてください。