産後に起きるウツについて

産後ウツの原因

産後ウツは、赤ちゃんの面倒を見ている時に気分が晴れないことから始まります。
それなら、一体どれがきっかけで落ち込んでしまったのでしょうか。
産後ウツの経験者に尋ねると、原因不明な落ち込み以外ではいろいろな理由が挙がっています。

 

赤ちゃんがうまく成長していないのではないかと不安に思う人、病気を発症した赤ちゃんに対しての負い目にとらわれる人もいます。
誰でもわが子の成長は気になって当然ですが、特に赤ちゃんの場合は生後1ヶ月から検診が始まり、医療機関による診察があります。
この検診をきっかけとして、自分の子供の成育に不安になってしまうママもいるようです。

 

自分の子供が他の子より発育が遅れているように感じたり、我が子が無理なことでも、よその子どもはやっているなど、比較してしまい不安が膨らみます。
また、赤ちゃんと2人だけの生活に適応できないことで産後ウツに陥るママもいます。
乳児が一緒ということで頻繁に外へ出ることができなくなったともどかしく思っている人もいるようです。
反対に、赤ちゃんを遊びに連れて行かなくてはならないのに人間関係に不安があって思うように外出ができない自分に悩むママもいます。

 

赤ちゃんとずっと過ごしているために、社会とのつながりがなくなってしまった感覚に落ち込んでしまう人も多いのです。
ママが子どもの世話をしている時に募らせる不満は、近親者に理解されやすいものが多く口に出して言うことで解放される見込みが高いのです。
自分一人で悩まずに、思い切って家族に相談してみると案外すんなり対応してくれることもあります。
援助をお願いすることは必ずしもいけないことではないのです。
産後ウツを避けるためにも、たくさんの人に不安を打ち明けるようにしましょう。