産後に起きるウツについて

産後ウツ

産後ウツというのは、赤ちゃんを産んだ後ほどなく落ち込みやすく、悲観的な考え方になるウツ状態になることを言います。
産後ほどなくというのは、出産してから14〜20日前後の時期のことで、1年以上もウツ状態が続くことも非常に多いそうです。
マタニティーブルーと勘違いする人もいますが、ウツの方が重篤です。

 

特に原因がなく気分が優れないことが2週間程度あり、あっという間にケロッとしているのがマタニティーブルーの傾向です。
ところが産後ウツになると、元気がなくなるだけではなく日常普通に行ってきた家事をするのですら困難になるといった状態になります。
そして、睡眠障害や食欲がわかないなど、日常の生活においても変化が出てきます。

 

ウツは精神的な病ですので、自分で気が付くのは難しいと言われています。
ちょっと変だと気づいても、疲れているだけだと思い込み無理をしてしまって悪化してしまう場合が少なくありません。
多くの時間を共にする近親者が発見したり、会話する誰かが話の内容などの様子で早くウツ状態に気がつくことで通院を始めることが心の傷を癒す第一歩となります。
現実的に、産後ウツは見つかりにくい病気であるようです。

 

出産経験者に産後ウツについて尋ねると、そう言われてみれば…と思い当たる節があるという人が多くいました。
後々考えてみればそのような症状だったかもと考える人は、軽いウツ状態で済んだ運が良い人だったと言えます。
ほったらかしたままウツ状態でいると酷さが増して、深刻な事態になる危険性があるので、肝心なのは軽度で早期治療を始めることです。
産後ウツになる前に、何かしらの症状が間違いなく現れるので、赤ちゃんを産んだばかりのママが身近にいる人は、上手に観察して見守るようにしましょう。